無料ブログはココログ

« バックオーライ! | トップページ | ガラスの仮面 1 (白泉社文庫) »

2008年6月27日 (金)

氷室冴子

少し前になるが、訃報の知らせを聞いて、驚いた。まだ若いのに。

氷室冴子といえば、マンガ「なんて素敵にジャパネスク」の

原作者として知り、なぎさボーイ、多恵子ガール、北里マドンナ、

ざ・ちぇんじ、海が聞こえる、クララ白書、さようならアルルカン、

銀の海金の大地、少女小説家は死なない、ターンなど、

親しんできた。

休筆されていると知っていたが、本当に残念でならない。

« バックオーライ! | トップページ | ガラスの仮面 1 (白泉社文庫) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。トラックバック有難う御座います!
ホント、残念だと思いますcrying

 こんにちは。トラックバックありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いします。

なつみさん、えふさん
どうぞよろしくお願いします。happy01

始めまして、トラックバックありがとうごさいます。
お礼訪問が遅くなりまして申しわけありません。
氷室冴子さんの訃報は本当に残念でなりません。
まだまだたくさん作品を書いて欲しかったのに・・・。

しまった、慌てたので変換を間違えました。
初めまして、です。
・・・スミマセン・・・。

我楽さん、こんにちは。
氷室さんは、本当に残念です。
途中になっている作品をはじめ、まだまだ色んな作品を書いて欲しかったです。
(特に銀の海金の大地は続きが読みたかったです。)
追悼の意をこめて、氷室さんの作品を読み直しています。(遅読ですが。)

ご挨拶が遅れました。
トラックバックありがとうございます。

未完の作品もかなりあったんですね。

久しぶりに「海がきこえる」のDVDを見てみました。
やっぱりいい作品です。
やっぱ文庫版も買おうかな…。

未完の作品ありますね。そんなのに限って、特に面白かったりします。
海がきこえるを、観たこと無いので、是非観ようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041370/21926566

この記事へのトラックバック一覧です: 氷室冴子:

« バックオーライ! | トップページ | ガラスの仮面 1 (白泉社文庫) »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック